各種検査

各種検査を実施しています

代替テキスト

大阪府八尾市のしうちプライマリ・ケアクリニックでは、健康診断以外にも、各種検査を実施しています。CTによる精密な検査や、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診断のための検査などを受けていただくことができます。お体全体の健康チェックや、特定の病気の診断などに有効ですので、ご希望の方はお気軽に当クリニックへお申し出ください。

CT検査

代替テキスト

CT検査では、お体の立体的な断層画像(輪切り画像)を撮影することができます。より安全に検査を実施するために、低被ばく検査が提供できる機能が搭載されています。骨と骨が重なり合っているところなど、二次元画像のレントゲンでは確認するのが難しいような部位でも、異変を見逃さずに確認することができます。

※妊娠中、妊娠の可能性がある方は検査が受けられません

※ペースメーカーなど、体内に取り外せない金属がある方は、スタッフへご相談ください

レントゲン検査

代替テキスト

胸部や腹部など、お体の幅広い部分にX線を照射して異常がないか調べます。何か異常が疑われる時には、CT検査などのより詳細な検査を行う場合があります。当クリニックでは、低被ばく線量で撮影できる、デジタルレントゲンを導入しています。撮影した画像はデジタル処理されるので、従来よりも鮮明な画像が得られます。

※妊娠中、妊娠の可能性がある方は事前にお知らせください

超音波検査(エコー検査)

代替テキスト

超音波を臓器などの対象物に照射して、その反射を映像に表して異常がないか確認する検査です。当クリニックでは、腹部超音波検査を中心に行っています。痛みなどのお体への負担がなく、妊娠中の方でも安心して受けられます。肝臓、胆のう、すい臓、ひ臓、腎臓などの病気を正確かつ迅速に診断することができます。

心電図(12誘導心電図)

心電図とは、心臓の電流を記録するための装置です。12誘導心電図では、両手足に1つずつ、胸部に6つ、合計12個の電極を貼り付けて、動悸、不整脈、狭心症、心筋梗塞などを確認します。

採血検査(CRP・CBC)

「自動血球計数CRP測定装置」を使って、貧血や体内の炎症、感染症などの程度を示す値である「CRP」や、血液中の赤血球、白血球、血小板の数を測定します。当日中に検査結果が出ます。外注検査でも、通常、数日以内に検査結果が出て、詳細な病状を診断することができます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは、睡眠中に呼吸が止まる病気です。呼吸が10秒以上止まった状態(無呼吸)が、7時間の睡眠中に30回以上、また1時間に5回以上起こる場合に、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。無呼吸が起こる原因として、大きく「気道の狭窄・閉塞(閉塞性睡眠時無呼吸)」と「呼吸中枢の異常(中枢性睡眠時無呼吸)」が挙げられます。

最近、睡眠時無呼吸症候群の方が増えていて、放っておくと動脈硬化を招き、脳梗塞や心筋梗塞などの大きな病気の原因となる場合がありますので、ご注意ください。ご家族などから「睡眠中のいびきがうるさい」「眠っている時に、呼吸が止まっている」などと指摘された方は、一度当クリニックへご相談ください。

こんな症状はありませんか?

  • 寝ている時にいびきをかく
  • 家族などから、「睡眠中のいびきがうるさい」といわれた
  • 家族などから、「眠っている時に、呼吸が止まっている」と指摘された
  • 睡眠中、何度もトイレで目が覚める
  • よく寝汗をかく
  • 起床時に頭が痛い
  • 体が重く、寝てもすっきりしない
  • 日中、強い眠気がある
  • 集中力が続かない
  • 疲労感が抜けない

など

睡眠時無呼吸症候群の合併症

代替テキスト

睡眠時無呼吸症候群になると、起床時に頭が痛くなったり、日中、強い眠気が起こったりして日常生活に支障をきたすようになる場合があります。そのほか、重症化すると、高血圧症、心疾患、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病が合併する恐れがあります。症状がひどくなる前に、お早めに当クリニックまでご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群の検査

問診を行った結果、睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合には、ご自宅で手軽に検査ができる「睡眠評価装置」を使用します。手の指や鎖骨の間にセンサーを付けて、いつも通り眠っていただきます。睡眠中のいびきや呼吸の状態などから、睡眠時無呼吸症候群を診断します。

睡眠時無呼吸症候群の治療

代替テキスト

検査の結果、治療が必要だと判断した場合には、「CPAP療法」を行います。鼻にマスクを装着して眠っていただき、気道に空気を送気して狭窄や閉鎖を防ぎます。

top

072-991-1333